第1回KING OF JMK for beginners

<開催日> 2016年1月9日(土)

<場所> 板橋区立文化会館

<参加人数> 29名

"史上初"の上毛かるたの全国大会を開催しようということでKING OF JMKが創設されて3年。これまで大の大人が真剣な目つきで44枚の札を見つめながら、いくつもの熱き戦いがこの場で繰り広げられてきました。

しかしこれまでの大会を振り返ってみると、主催者としてある重要なことに気づきます。

 

上毛かるたが生まれて約70年。幼少の頃にかるたをやって育った『上毛かるたの猛者』は今や日本各地で暮らしています。そしてこのKING OF JMKはそんな猛者達を集めて真の日本一を決めようという目的で第1回大会から開催している訳ですが、一方、群馬を離れて暮らしている元群馬県民の方々に昔を懐かしみながら上毛かるたに触れてもらおうという意図も当初はあったのです。しかし、上毛かるたを懐かしみながら楽しくかるたをやりたいという人がKING OF JMKに出場するのはちょっと抵抗がある・・・

 

そんな人たちの為に、幼少期を思い出して上毛かるたで遊びたいという人の為に、さらにはまだやったことないけど上毛かるたをやってみたいという人の為に、KING OF JMKの本戦とは違うイベントをやるべきではないのだろうか?・・・と。

そんな思いで、初心者の方でも気軽に参加できるゆるい上毛かるたイベント『KING OF JMK for beginners』を2016年の正月に板橋区立文化会館にて開催致しました。

当日は29名の方に参加いただき、和気藹々とした雰囲気で正月の上毛かるたを楽しんでもらいました。1つ1つの札が読まれるごとに歓声が沸き、またかるたを通して今日初めて出会ったものどうし、新たな繋がりも生まれたようです。

 

上にも記した通り、70年の歴史を持つ上毛かるたは群馬県出身者であれば知らない人はいません。そしておじいちゃん、おばあちゃんの世代から小学生までという幅広い年代の人が共通の話題として盛り上がることができる、とても貴重な群馬の財産です。

 

上毛かるたの日本一を決めるKING OF JMKで見せる真剣なグンマーの目つきをいいですが、たまにはかるたを囲んで和気藹々としたグンマーの顔もいいですね。

今後KING OF JMK for beginnersも定期的に開催できればと思っています。