上毛かるた。


60年以上も前から群馬県民に愛されてきた郷土かるたです。
群馬県内の子供たちは毎年年初に行われる大会に向け、日々練習に励んでいます。

毎年2月に行われる県大会では、その年のチャンピオンが決定します。

 

しかし、群馬県民ならば1度は思う疑問があります。

 

『なぜ上毛かるたには全国大会がないのか?』


群馬県内外問わずたくさんの人に上毛かるたの腕を競ってもらう場。そんな場があればきっと面白いはず。そしてそれが実現すれば、他県の人たちに群馬の魅力をもっと知ってもらう事ができるはず・・・

 

そんな思いが原動力となり、おとな達の上毛かるた日本一決定戦『KING OF JMK』は生まれました。


群馬県出身の方、あなたのかるたの腕を是非試してみませんか?
群馬県外出身の方、上毛かるたを通じて群馬の魅力に触れてみませんか?

 

クラウドファンディングにご協力を宜しくお願い致します。

 このたび、上毛かるたを用いた新しいアプリの製作をスタートさせることになりました。

 

 今回実現させようとしているのが『上毛かるた44枚のゆかりの地を 周遊する「位置情報ゲーム」アプリ』です。

 

 

 上毛かるたは44枚で構成されており、1つ1つの札が県内の名所旧跡や輩出した偉人を記しています。その44枚ゆかりの地を巡るスタンプラリーのようなアプリを公開し、群馬を訪れた人に使ってもらえれば県内をくまなく巡る事になり、県内観光を促進させることができると考えています。

 

また、もちろん群馬在住または群馬出身者の方にも多いに活用いただきたいと思っています。

 

 

昨今、日本人が日本の文化を語れないという事が問題視されています。私も正直、能や狂言、歌舞伎と行った日本の伝統芸能に関してきちんと紹介できる自信は全くありません。

 

一方で群馬が誇る文化である『上毛かるた』については全部知ってるよ!と胸を張って言いたいのですが、1枚1枚の札の中身について詳しく説明しろ!と言われると実はあまり深く知らない・・・ということに気づいたのです。皆さんもそうではないでしょうか?

 

 

 

今回製作しているアプリは、観光活性化と共にもう1つの目的として『群馬県の皆さんが上毛かるた1枚1枚の深い意味を知るきっかけになり、今まで以上に群馬を誇らしく語れるようになる』事を目指しています。その為に是非、群馬の皆さんにもこのアプリを使って各札ゆかりの地に行ってもらいたいのです。

 

 

詳細はこちら

 

 

第4回KING OF JMK最終結果

<大会概要>

【日程】2016年2月27日(土)
【場所】板橋区立文化会館 5F 第1、第2和室

【参加チーム数】 20チーム

 

優 勝:チーム阪本 (大会三連覇)
準優勝:小林ファミリー
第3位:チーム桐生市
第4位:初代TKJブラザーズ
第5位:5レンジャー
第6位:愛なきまたたた
第7位:高根かるた塾四期生
第8位:旭町Dチーム

 

詳細はこちらから

決勝戦 (You Tube)